医師が考えた少額短期保険株式会社

お問い合わせ・資料請求

免疫細胞療法について

がんと免疫の関係

がん細胞は健康な人の体内でも毎日約5,000~6,000個も発生していると言われています。
それでもすべての人ががんになるわけではないのは、
免疫の力でがん細胞をやっつけているからです。
この免疫の力が弱まると、がん細胞の増殖を抑えられず、がんになるのです。

そこで、弱くなってしまった免疫の力を活性・強化し、
がんへの攻撃力を強めてがんをやっつけようというのが「がん免疫細胞療法」です。

がんワクチンのメカニズム

がん細胞は、正常な細胞が変異したもので、
正常な細胞とは異なる目印(抗原)があります。
免疫細胞の一つであり、免疫システムの司令塔である樹状細胞は、
がん細胞を食べることでがんの目印を手に入れます。
そして、“兵隊役”のリンパ球にがん細胞の目印を伝達します。
この情報をもとに、リンパ球はがん細胞を狙って攻撃するのです。
これががんワクチンのしくみで、
人間が本来持っている免疫の力を高めてがん細胞を攻撃するため、
正常な細胞までも攻撃してしまう抗がん剤などに比べて副作用が少ないのが特長です。
また、ワクチンは基本的に外来で注射するだけですので、
通院で治療できるといった利便性もあります。
その他がん免疫細胞療法には体の中の異物を攻撃する
ナチュラルキラー細胞(NK細胞)の働きを活用したものなどがあります。

新しい治療として期待

がんと診断されたら、治療としてはまず手術、抗がん剤などの化学療法、
放射線療法の三大治療が選択肢となります。
しかし、それだけでは治療効果が十分でなかったり、
抗がん剤の副作用などで治療を続けることができない、
といった方もいらっしゃいます。
自身の免疫を使った治療は、こうした悩みを持ったがん患者さんに
新たな選択肢となり得ると期待されています。