医師が考えた少額短期保険株式会社

お問い合わせ・資料請求

がん保険の新しい考え方

手術療法、化学療法、放射線療法の三大療法は
これまでも各社が様々な保険商品を開発し、ある程度保障も充実しています。
しかし、例えば免疫細胞療法のように新しい治療が、三大療法に含まれるとは限りません。
私たちは、がん保険のあり方を『最先端のがん治療を、もっと身近に、もっと手軽に』
という視点からもう一度考えました。

本当に必要な保障とは?

「2人に1人ががんになる時代」と言われます。
確かに生涯を通じて2人に1人ががんになります。
しかし、『各年代でこれからどのくらいの確率でがんになるか?』
という点に注目すると違った見方ができます。
がんに対しての備えがあれば安心ですが、
それによって普段の生活が窮屈になってしまっては大変です。
一方、リスクに対して何ら準備をしないのも考えものです。
本当に必要な治療に対して保険が使え、
負担も抑えられた、安心できる保障が必要だと考えています。

がんに罹患する確率

がんに罹患する確率

公的にもいろいろな制度が用意されています

国は公的な医療保険など、
患者さんにおける高額な医療費負担を軽減するための仕組みを用意しています。

高額療養費制度・医療費控除

しかし、こういった制度が整っていても、
特に新しい治療を行う場合は負担が大きくなりがちです。
数多くの研究で効果が示されている治療であっても
自由診療として行われている治療がたくさんあります。

がん治療、実際はいくらかかる?

※ 出所:特定非営利活動法人日本医療政策聞こう・市民医療協議会がん制作情報センターが2010年に行ったがん患者意識調査(最も費用が掛かった一年間において、自由診療、代替医療等も含む)

がんになるとどのくらいお金がかかるイメージがありますか?
ある程度備えはあっても、
急にお金が必要になるかもしれません。
最先端の治療を選択しようと思うかもしれません。
その時のために、
「シンプルで安価、かつある程度まとまったお金が
入ってくるという保障が本当は一番必要ではないか」と
実際にがん患者さんと接する中で感じていました。

医療の現場で患者さんと向き合ってきたからこそ、こういう問題意識に本気で向き合わなければならないと考えるようになりました。

最も重要だと思う保障だけをシンプルに、そしてなにより安価に提供する。

最も重要だと思う保障だけをシンプルに、そしてなにより安価に提供する。

これが私達が多くのがん患者さんに接してきて出した答えです。